とうとう

梅雨入りしてしまいましたね。

例年よりすごく早く。

梅雨が嫌いな310です。

今日は復興支援炊き出しツアーの続きを書かせてもらいます!!

 

 

協賛品も渡し終え、撤収作業へと。

スムーズに積み込みを終えて、挨拶をして帰路へ着こうかと思ったのですが、ここは由緒正しきお寺。

「手を合わさせてくださいと」S田さんにお願いし、本堂へと案内していただきました。

全員で正座、手を合わせました。

後を振り返ると、たくさんの子供たちが一緒に正座していてくれたことに初めて気づきました。

お互い向き合う形となり、子供たちを代表し中学生くらいの男の子が

「今日は本当に有り難うございました。美味しかったです。」

と照れくさそうに感謝の言葉をいただきました。

そういう言葉欲しさに今回来たわけではなかったので予想外というか、思いもよらない一言というか、頭になかったというか。

嬉しかったです。心から。

お互いの謝辞も終えて

「では、また来ます!!今度は鉄板焼きで!!」

とその場を後にしようとするとS田さんが

「せっかくだから奥でも手を合わせてあげてください」

全員

「ん?奥でも??」

案内されついていくこと15歩、現実は奥にありました。

ここは  「お寺」

案内されたところは  「納骨堂」 でした。

小さな子供から老人に至るまでびっしり納骨されていました。写真付きで。

かたや一人。かたや家族。

心の準備が全く無く、ただただ涙をこらえてを手を合わせさせていただきました。順番に。

しかしある家族の写真の前で涙は堪え切れませんでした。

幼い娘さんが二人、お父さんが一人の写真でした。

お母さんだけ写真にいなかったのです。

ひょっとしたら一人生き残って、この悲しみに耐えているのでは。はたまたまだ行方不明なのか。

どっちにしても辛いことだと感じ、涙が止まりませんでした。

S田さんは

「見つかっただけでも(遺体)嬉しいんですよ」

とても常人では言えない一言が重く突き刺さりました、心に。

そして急に小声になりうつむき加減で

「でも時折、心が折れそうになる。この現実に。」

と肩をふるわせて本音を話してくれました。

今の今まで気丈に振舞っていたんだ、いや振舞ってくれていたんだと気づきました。

なんと声を掛けていいかわからず、手を取り合っていました。

「このお寺は興福寺でしょう、呼んで字のごとく必ず福が味方してくれていますよ」と310の精一杯の一言でした。

さらにこう続きました

「この現実が真実です。ぜひお伝えください、京都で。」

これには驚きました。

極力310は「炊き出し」を無事に終えて京都に着くまでだけを書こうと思っていましたし、軽はずみな事ととらえられそうな行動や

言動は絶対にしてはいけないと思っていたので。

だからS田さんの「伝えてください」には責任を覚えました。

よく復興支援に行ってきた人達から

「あれは行かないと分からん」「行った人しか分からん」の言い方が、行けない人、行ってない人からしてみたら随分「上」からだなと感じたり、

良い事して来た自慢話になってしまったり。

こうはなりたくないな~っていう少しの残念感を覚える内容が310が炊き出しに行く前提で、情報収集していた段階で多かったりしたのです。

すこしは被災地のことを配慮した言い回しが出来ないもんかな~この人達はみたいな感じ。

そんな風に伝わって欲しくない中、言葉一つを大事にしないと伝わり方まで変わってしまうは少し怖いですけど、

細部にわたるまで全部書いています。

「また来ます、勝手に。今度はお好み焼きと焼きそばとお肉が食べたいんでしたよね!!夏前くらいには、きっと!!」

しばしのお別れの言葉とさせていただき、たくさんの人に見送られながら随分軽くなった車で「興福寺」を後にしました。

 来た道を戻っている最中に310はS田さんの言葉が頭から離れませんでした。

目に入ってくる風景は、3時間前の行きと同じ。

しかし前もって

「軽はずみに写真を撮るのは止めとこな、目的と違うし、冷やかし的なもんと思われたら失礼だから」

と打ち合わせ済みだったのですが

「海沿いへ行こう、このまま川沿いに。災害の規模を知りに。」

車のカーナビは京都を目指して案内していましたが、変更ルートばかりを示すのでオフに。

 

続きはまた明日!!

明日は最後まで書ききります!!

 

 

今日も梅雨入りに負けず営業中!!

皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げます!!!

 

                                                     店主   310

カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です